ソリューション

すべての事業計画継続をひとつのソリューションでカバー

System protection / ransomware protection

システム保護 / ランサムウェア対策

突然のシステムトラブル、ランサムウェア感染による業務停止。そのような事態に陥った時に最も有効な対応策はバックアップと確実な復元です。

独立したファイルとして隔離保存されたバックアップイメージは、健全だった時のシステムの状態をそのまま保存しています。

ハードディスク破損、ランサムウェアによる暗号化などデータに根本的なダメージを受けてもバックアップデータは無傷です。 復元はシステムとデータ共に確実に使用可能な状態に速やかに復元する必要があります。

System protection / ransomware protection image

Disaster countermeasures

災害時対策

バックアップを適切に行っていても、大規模な災害や事故などが起こってしまうとバックアップデータ自体が失われてしまいます。

災害でなくても、社内のみでバックアップデータを保管していた場合、例えばビルの停電などでもシステムとバックアップ保存先のストレージが同時に故障する可能性もあります。物理的、空間的に離れたところにバックアップデータを転送しておくことを検討する必要があります。

レプリケーション機能を使えばネットワーク経由でデータを転送することができます。NASやFTPだけでなく、DropBox、Amazon S3、GoogleDrive、Azure Storage、OneDriveなどのクラウドストレージにも転送可能です。

Disaster countermeasures image

Downtime reduction

ダウンタイム削減

サーバーは稼働し続けることが前提ですが、万が一停止する事態に陥っても速やかに再稼働する必要があります。

災害対策や可用性の確保としては、クラスタリングやスタンバイサーバーがありますがインフラからの構築が必要でコストがかかります。

そこで、日々のバックアップジョブと同時に、バックアップデータを自動的に仮想化しながら復元した仮想マシンを作成しておけば、低コストでスタンバイマシンを準備しておけます。

Downtime reduction image

Virtual support

仮想対応

サーバーの仮想化、クラウドコンピューティングが一般化してきています。たくさんの物理サーバーを仮想マシンとして仮想環境上に移行するのはコスト削減には欠かせません。

また、仮想マシンのバックアップは一台ずつ従来のように行う方法と、仮想環境(Hypervisor)を経由してエージェントレスでバックアップする方法があります。

パブリッククラウドのようにユーザーが仮想マシンにしかアクセス権がない場合には従来の方法、また、オンプレミスで仮想環境を用意してHypervisorにアクセスできる場合はエージェントレスを使う、というようにどのような状況でも対応できます。

Virtual support image

Start-up guarantee

起動保証

バックアップイメージが確実に復元できるのか、復元後確実に起動するのか、起動後運用して問題ないのか、あるいは、問題が起きたサーバーにいつ問題が起きたのか調査するにはどうしたらいいのか。

こうした問題では一般的には、バックアップや増分バックアップを実機に実際に復元してみて状態を確認する必要があります。

BootCheckやHyperBootでは、実際に復元は行わずバックアップイメージファイルを仮想ディスクとして直接扱うため、その場ですぐに起動することが可能になります。今まで復元作業にかかっていた時間がゼロになり、大幅な節約になります。

Start-up guarantee image

Client Management

クライアント管理

多数のマシンのバックアップを行う際に一台一台設定をするのは大変な手間です。また、どこかのマシンでバックアップに問題が起こっても気が付かなければバックアップが作成されず、本当に問題あったときに復元できないという事態になります。

バックアップ対象マシンを一覧して状況を常にモニタリングし、異常があればすぐに警告する管理コンソールを用意しています。

バックアップ以外にもライセンスの更新や期限切れなどの管理も可能ですので、計画的かつ合理的にバックアッププランの運用を実現します。
 

Client Management image

Kitting

キッティング

PCへのOS、ソフトのインストール、設定を多数のマシンに一括して行うキッティング作業はメーカーはもちろんですが、少数のPCを設定しての納品、各企業での新人へのPC配布、業務マシンの入れ替えなど、頻繁に発生します。

USBメモリを使ったソリューションでは、リファレンスマシンのイメージを保存したUSBメモリから起動するだけで自動的にクローニングが完了します。

毎回インストールを行ったり、大規模なクローニング用ネットワーク環境の構築を行う必要がなくなるので、人、場所、配送などのリソースを大幅に削減して、迅速なカスタムPCの配布ができます。

Kitting image